裸眼日記

札幌在住のミュージシャン青柳唯(あおやなぎゆい)が音楽・映画・お笑いなどについて書くブログ(両目1.5)

シソンヌライブ[モノクロ]2018感想!演技力だけで景色を見せ、心の機微を笑いに変える本格コント

f:id:yui_aochang:20180327101810j:plain
出典:シソンヌライブ[モノクロ] - Yahoo!ブログ

 

シソンヌライブ[モノクロ]2018の札幌公演を観てきました!

コントライブやバラエティ番組を中心に活動しながらも、その演技力の高さから近年ではドラマや舞台などにも活躍の場を広げるシソンヌ。

公演時間が60分と短いながらも、コントの世界の没入させられ、濃密な時間を体験できるコントライブ[モノクロ]の魅力を紹介します。

以下、ライブのネタバレ要素がありますので、知りたくない方は飛ばしてください〜。

シンプルなステージ、コンパクトな公演時間のシソンヌライブ[モノクロ]

シソンヌライブ[モノクロ]は明確なコンセプトに基づいたライブツアーです。

公式サイトには以下の説明が書いてあります。

シソンヌライブ[モノクロ]は、全国47都道府県行脚を目標に掲げた、公演時間60分、チケット料金2,500円、照明は地明かりのみで暗転なし、衣裳の着替えなしのお手軽なシソンヌライブです。

シソンヌライブ[モノクロ] - Yahoo!ブログより引用

 

台本と演技力のみで魅せるストロングスタイルのコントライブ。

それが[モノクロ]です。

シソンヌがからだ一つで47都道府県を行脚する

セットや衣装、照明などに変化がないためステージの見栄えはシンプルになってしまいますが、そのシンプルさを利用して身軽に全国を飛び回ってくれるのがこのツアーの特徴。

コントツアーで全国47都道府県を回るなんてことはなかなかあり得ることではなく、全国に散らばる地方のシソンヌファンにとってうれしい企画です。

公演時間は短いですが、「もっと観たい!」と思わせられる贅沢な体験はリピートを促します。

実際、僕も[モノクロ]を観に行ったのは2017年のツアーに続いて今回が2回目です。

ツアーごとに新作コントを持ってきてくれるので、今後もまた札幌に来てくれるのであれば何度でも観に行ってしまいそうです。

「生まれて初めて本屋に来た女性」にリアリティを持たせる抜群の演技力

f:id:yui_aochang:20180328105954j:plain

この日最初に披露されたのは「人生で初めて本屋に来た女性」と店員のやりとりのコント。

生まれて初めて本屋に来た中年女性…

この時点であり得ない設定ではあるんですが、シソンヌの二人は抜群の演技力でそこにリアリティをもたらします。

店内に並ぶ本のあまりの数の多さに圧倒される女性…
所蔵数が80万冊と聞き、この中から目当ての本など探せないと狼狽する女性…*1

普通の人ならしないリアクションも、「生まれて初めての本屋」だと思えば納得の言動です。

世界の仕組み自体はSFではない「現実の枠組み」の中での、本屋に初めて来たという「非現実的な人物設定」

その設定の中でのリアリティ溢れる所作と、「そこまでするか!?」というちょっと変人的な言動を、中年女性役のじろうさんは抜群の演技力で表現します。

まさしくシソンヌのコント!といえる素晴らしいコントでした。

演技だけでじろうさんがスカートを履いた女性に見える

[モノクロ]のコンセプト通り、二人の衣装はお揃いでシンプルな格好。

それなのになぜか、このコントのじろうさんは暗い赤色の口紅を塗っているように思えましたし、スカートを履いているように感じました。

かつらをかぶることもなく、女性的な化粧をするでもなく、すべてのコントにおいて同じ衣装のはずなのに、演技力だけで性別も衣装も錯覚させられ、シソンヌの世界へと連れていかれてしまう…。

その圧倒的なコント師としての実力に、シソンヌが[モノクロ]のコンセプトで全国を回れる強みを感じました。

他のコントにも同じ女性が登場

この日3本目に披露されたコントは「人生で初めてカラオケに来た女性」と店員のやりとりのコント。

1本目のコントでじろうさんの演じる女性は「DREAMS COME TRUE全歌詞集」を買うのですが、このカラオケに来た女性の手にも同じ本が…*2

「読むだけで楽しく、幸せな気持ちになれる本」としてドリカム全歌詞集を購入した彼女は、自宅で本を熟読し、本の末尾にあった情報からDREAMS COME TRUEがアーティストだということを知ります。

そしてその瞬間、さっきまで読んでいた歌詞たちにメロディがついたというのです。

ドリカムの曲を聴いたことのない彼女は、歌詞を読んで浮かんできたメロディが正解なのかの答え合わせをするためにカラオケにきたといいます*3

こういった1本目の書店のコントとの繋がりを感じさせる面白みも提供しつつも、シソンヌは「非現実」と「リアリティ」をたくみに操り、観客をシソンヌワールドへといざないます。

珠玉の4本のコントで時間が一瞬で過ぎ去る

今回のシソンヌライブ[モノクロ]2018では4本のコントが披露されました。

前述したコント以外もすべて、シソンヌらしさの強い珠玉のコントです(特に2本目は長尺でどっぷりシソンヌの世界に浸れました)。

コント4本で45分、その後シソンヌの二人がフリーで話すエンディングトークが15分ほどの計1時間。

あまりにもあっという間すぎて、「もっと観たい!」「あと8時間観たい!」と思わされる濃密な時間でした。

こんな人にオススメです

シソンヌのファンの方には僕が勧めるまでもないですが、この記事を読んで気になった方でしたら、特にこんな方に[モノクロ]をオススメします。

  • 本格的なコントを生で観てみたい!
  • 芸人の凄みを感じたい!

また、ネガティブな理由でライブに行くのをためらってしまう方の背中も押させてください!

  • 2時間とかの単独ライブって長くて疲れちゃう…。
    →1時間で終わります(本編45分+エンディングトーク15分)。
  • 3000円以上出すのは金銭的に厳しい…。
    →前売2,500円、当日2,800円です。

僕はよしもと興業からお金ももらってないですし(欲しくはあります)、僕が得することはないんですが、素直に、素晴らしいライブをあなたにぜひ観てもらいたいという気持ちです。

47都道府県で開催!あなたの街にもきっと来ます

シソンヌライブ[モノクロ]2018の6月30日までの上半期開催スケジュールがウェブサイトで公開されています。

シソンヌライブ[モノクロ]2018、上半期開催スケジュール決定のお知らせ ( グループ ) - シソンヌライブ[モノクロ] - Yahoo!ブログ

上半期は私の街に来ないじゃない!という方も、下半期のスケジュールできっと来てくれるはず。

演技力だけで景色を見せ、心の機微を笑いに変えるシソンヌライブ[モノクロ]をぜひ体験してみてください。

----

2017年に札幌で観た[モノクロ]の感想もあります。あわせてどうぞ。 

www.yuiaochang.com

*1:一度ライブを観ただけなので「80万」という数字が合っているか、記憶が怪しいですが、もし80万冊所蔵の書店に女性が赴いたのなら、それは三省堂書店池袋本店や名古屋本店のような大規模な店舗だということがわかります。https://kot-book.com/sanseido-nagoya/

*2:小道具なしの[モノクロ]なので、本自体は見えないのですが、それでも分厚い本が見えるような気がしてきます

*3:カラオケでは「メロディの確認」はできないという根本的な彼女の間違いについて、店員はツッコんだりしていませんでした。長谷川さんは優しいです。