裸眼日記

札幌在住のミュージシャン青柳唯(あおやなぎゆい)が音楽・映画・お笑いなどについて書くブログ(両目1.5)

ゆるやかに踊らされグッと切なくなるプレミアムなハナレグミのライブを観てきた

f:id:yui_aochang:20170917115909j:plain

日本で最も声の良いシンガーは誰だと思う?」と聞かれると、自分の中で数人に絞られます。

その数人の中で、「最も曲が良くてライブも良いアーティストは?」と聞かれたら、それはハナレグミしかいません

新アルバム『SHINJITERU』の発売と全国ツアーの開催が発表されているハナレグミ。

今年の春には、普段よりもかなりキャパシティが小さいライブハウスツアーをやっていました。

アルバムの発売とは関係なく行われた「名前のないツアー」と名付けられたプレミアムなライブ。

その最高すぎた小樽公演のことを思い出しながら書こうと思います。

ゆるやかに踊らされグッと感動するプレミアムなライブ

f:id:yui_aochang:20170917114120j:plain

本気のファンしか観れないプレミアムな空間

2017年4月4日、小樽GOLDSTONEで行われたハナレグミ「名前のないツアー」を観てきました。

今回のツアーは札幌公演がなく、北海道は旭川と小樽での2箇所。

いつもアルバムのツアーで北海道に来る際は札幌のみ。キャパシティ2000人のゼップ札幌のチケットを売り切れさせます。

しかし今回のツアーは全国的に、いつもより一回りもふた回りも小さい会場ばかり。

小樽公演のキャパはなんと500人!

この近さで本編2時間+アンコール30分のたっぷり贅沢な時間でした。

アルバムのツアーでないためツアーの存在に気付けないファンもいたでしょうし*1、500枚しか売られていないチケットでは、買いたくても売り切れていたというお客さんもたくさんいたと思います。

会場はぎゅうぎゅうに人を詰め込んでいたので窮屈ではありましたが、アーティストと観客の一体感を空間丸ごとで感じれました

広い会場では自分の近くのお客さんの盛り上がりは感じることができても会場全体の空気までは把握できませんが、このくらいの広さでは全員の空気を感じれるくらいでした。

そんな環境でハナレグミのライブを観れることはまずないので、本当にプレミアムな空間・時間を楽しめました

空気を読みすぎず素直に盛り上がる"音楽が好きすぎる観客"

雰囲気のあるライブハウス、このスペシャルな空間。

開演前からお客さんたちの期待度が異常に高まっているのを感じました。

ハナレグミとメンバーが登場してしっとりと始まった一曲目の「ハンキーパンキー」から会場は大盛り上がり

ハナレグミもその様子を見てとても喜んでいて、ハナレグミが歌えば客が沸き、客が沸けばハナレグミが喜んでさらに良い歌を歌うというポジティブな連鎖が生まれていました。

どんな曲でも盛り上がっていい

僕は500本以上音楽のライブを観てきましたが、日本人のお客さんたちは「静かな曲は静かに観る、静かに盛り上がる」「激しい曲は激しく盛り上がる」というような空気の読み方をしすぎているように思っています*2

静かな曲でもイントロが始まった瞬間に指笛を鳴らしたっていいし、ゆるやかに身体を揺らしてもいいんです(もちろん最低限のマナーは守った上です)。

曲が終わったら"しっとりした拍手"ではなく、大きな拍手と歓声で「今の演奏よかったよ!」ということをアーティストに伝えていいんです。

その点このライブに来ている"ハナレグミを(そして音楽を)好きすぎる500人"のお客さんたちは、曲調に限らず「良いと思ったら盛り上がる」「そうでもなかったらそうでもない」という反応を素直に返していました*3

一曲目のしっとりとした出だしからマックスにテンションが上がるお客さんには、演奏しているハナレグミやバンドメンバーもとてもうれしそうでした。

曲の背景を語ったMCもグッとくる

ハナレグミ本人はMCが得意でないとライブで言っていましたが、陽気で人を喜ばせることが好きであろう性格がそのまま反映されている明るいMCもハナレグミのライブの魅力の一つです。

そういったピースフルで和やかなMCもしてはいたんですが、この日は珍しく長い時間を使って曲ができるまでの背景を真面目に語っていました。

現時点での最新アルバム『What are you looking for』収録の「フリーダムライダー」という曲ができるまでの背景です。

黒人差別について歌ったフリーダムライダー

ハナレグミは黒人ブルースマンにギターを学びたいと思い立ちニューオーリンズに行きますが、かつての文化はそこにはなく、今やニューオーリンズにはロックTシャツを着たハードロッカーしかいなかったそうです。

そしてそこから「グレイハウンド」と呼ばれる地元の人たちが使うようなバスに乗りメンフィスまで南下します。

かつて黒人差別をなくそうと北部の活動家たちが命懸けで南部へと向かった際に乗っていたバスがそのバスだそうです。

以前から調べて読んでいたという黒人差別の歴史についての文献にも載っていたというバス停を通ったりしつつ、当時と変わらないであろうバスから見える南部の田舎の夜の景色にギターのテクニック以上のことを教わったような気がしたとハナレグミは語っていました。

そしてそのアメリカでの体験を元にできたのが「フリーダムライダー」という曲です。

『What are you looking for』収録の曲の中で僕が最も好きな曲でもあります。

MCのあと披露された演奏はもちろん最高。そして何よりハナレグミの歌が超最高

曲の背景を少し知った上で聴くと、また聴こえ方も変わってきました。

全国ツアー『SHINJITERU』は11月から

およそ2年ぶりの発表となるハナレグミ7枚目のオリジナルアルバム『SHINJITERU』が今年10月に発売されます。

そして11月からは全国ツアー『SHINJITERU』も行われます

1年に2度もツアーをやって、しかもそのどちらもで北海道まで来てくれるなんて、ハナレグミとしてはとても珍しいことで、ファンとしてはとてもうれしいです。

金沢(11/7)、札幌(11/10)、仙台(11/12)、福岡(11/14)、東京(12/6)の5公演はまだチケットが買えるようです。

お近くにお住いの方は友達と、恋人と、一人でも、おだやかに幸せなってグッと切なくなること間違いないので是非どうぞ。

*1:僕もこのツアーの存在に気付いた時には旭川公演が売り切れていて泣く泣く小樽のみ参加でした。本当はどっちも行きたかった…!

*2:海外フェスの中継とかを見ると、アメリカやイギリスのお客さんたちは自由に楽しんでいるのが伝わります

*3:そうでもない、という瞬間はハナレグミにはほぼないんですけども

既存のお笑いの概念を覆す「いかちゃん」の登場で日本のお笑い界はどう変わるのか

f:id:yui_aochang:20170915084606j:plain

最近最も僕がハマっている芸人が「いかちゃん」です。

いかちゃんの素晴らしさをご紹介します。

いかちゃんとは

いかちゃんはプロダクション人力舎所属の女性ピン芸人です。

経歴3年目の21歳。

主なネタは、テーブルに置いたカップを使ってリズムを取りながら、番組出演者などの良いところを歌にするという「カップソングネタ」

このネタでいかちゃんは今田耕司、劇団ひとり、おぎやはぎなどを虜にしています。

いかちゃんのネタは既存の概念では測れない

f:id:yui_aochang:20170915084752p:plain

お笑い芸人の皆さんはそれぞれが己の美学に則って独自の芸を突き詰めていて、それはさながら芸術家のようですらあると僕は思っています。

CBCテレビ制作のバラエティ番組『本能Z』に出演した際、いかちゃんの芸を見たフットボールアワー後藤は「お笑い界変わりすぎやろ」と言いました

いかちゃんの芸は今までのお笑い界のそれとは一線を画しています。

既存のお笑いの概念で考えること自体が間違っていると言えるでしょう。

日本のお笑い界に、いま新たな風が吹いています。

面白いかはわからない

いかちゃんのネタが面白いかと聞かれると、正直答えに困ります。

「面白いとか面白くないとか、笑えるとか笑えないとか、そういう判断基準はいかちゃんには通用しないよ」と強がってみせるのが精一杯です。

本能Zで披露した「ふしぎなポケット」というクイズネタに関しては、「ライブでやったらお客さんは全然笑わないけど、みんなニコニコ」と、いかちゃん本人が語っていました。

いかちゃんは癒しの芸

f:id:yui_aochang:20170915084804p:plain

いかちゃんの芸が面白いかどうかと聞くのは間違いだと言いました。

しかし「いかちゃんのネタって癒される?」と聞かれれば、その答えは自信を持って「YES」と言えるでしょう。

いかちゃんの最大の強みは「癒し」です。

そしてそのいかちゃんの魅力を理解できる芸人(今田耕司や劇団ひとりなど)と組んだ時に、そこで初めていかちゃんのネタから大きな笑いが生まれます。

いかちゃんの癒し×理解者のボケ(またはツッコミ) = 優しくて大きな笑い

疲れやストレスが蔓延している現代の日本人が求めているもの、それがいかちゃんのような「癒しの笑い」なのかもしれません。

フットボールアワー後藤に言わせると「刑務所でやったら受刑者泣く」だそうです。

僕はむしろお茶の間さえ泣かせることができるんじゃないかと思っています。

いかちゃんはお笑い界をどう変えるか

冒頭で僕は「お笑いは芸術だ」と言いました。

新たな概念の発明こそが芸術=お笑いの発展を促していると思うのですが、時にそれは後退しているように見えることもあります。

近年の芸人で言えば、永野*1やガンバレルーヤの登場も衝撃的で、新しい流れが来ていることを感じました。

いかちゃんの芸は果たして"進化"なのか、"退化"なのか。

"変化"であることは確かですが、その進化と退化どちらかの判断は、少し先の未来のお笑い界を見ればわかるのではないでしょうか。

いかちゃんの今後の活躍に期待です!

*1:この人は芸歴長いですが、こういう芸の人が「売れた」ということにこそ意味があると思っています。

クリストファー・ノーランは『ダンケルク』にどのように"映画としての面白み”を付与したか

f:id:yui_aochang:20170915095923j:plain

映画『ダンケルク』を観てきました。

クリストファー・ノーランが、この作品を映画としてどうやって面白くさせたのかについて考えてみました。

戦争映画とエンターテインメント

f:id:yui_aochang:20170915111943p:plain

戦争映画はエンターテインメントに向いていない

これは個人的な感覚なので、人によっては共感できないかもしれませんが、戦争はエンターテインメント作品の題材には向いていないと僕は思っています。

実話を元にしていない完全に創作されたストーリーは、やり方次第でいくらでもエンターテインメント的に面白くできます。

実話を元にした感動話も、脚色するなどしてエンターテインメントに仕立て上げることができます。

しかし戦争映画は結末を変えることは絶対にできないし、大筋のストーリーの脚色は難しいです。

今作の物語においては個人単位の目線で話が進むので、その規模の中でドラマを盛り込むことももちろんできるのですが、その小さな規模のドラマを囲う大きな枠組みは戦争という大きな負のストーリー

戦争映画で辛さを感じなかったことはないし、それが実際にあったことだと思うとなおさら辛いです。

エンターテインメントなら辛くない話がいいし、もし辛い話であっても作り話であればまだ救いがあります

実話を元にした戦争映画は救いがなく、作品のオチとしてハッピーエンド的に描いたとしても、どこかに犠牲は必ずあります。

クリストファー・ノーランは今までエンターテインメント映画を撮ってきた

クリストファー・ノーランが今まで撮ってきた映画は、映画としてのエンターテインメント的な面白さのある作品でした。

エンターテインメント作品として描かれたバットマンを原作にした作品や、映画のためにクリストファー・ノーラン自身がストーリーを創作したりしてきました。

そんなクリストファー・ノーランが戦争映画をどのように撮るのか、映画を観る前から気になっていたのがそこでした。

クリストファー・ノーランは戦争をテーマにした映画をサスペンスの手法で描いた

f:id:yui_aochang:20170915113417p:plain

『ダンケルク』はクリストファー・ノーラン監督にとって長編映画10作目。

作品の内容は、第二次世界大戦における「ダンケルクの戦い」を映画化したもの。

端的に言ってしまえば「戦争映画」です。

しかしクリストファー・ノーランは『ダンケルク』を「サスペンス映画」として撮りました

エンターテインメント的に仕立て上げようと思えば、過剰なやり方でドラマの波を作ることもできます。

史実に基づいているので、決められた大筋の流れはあるものの、やりようによってはドラマも作ることはできます。

ダンケルクに残された兵士と残された家族に焦点を当てれば人間ドラマとして感動させることもできたはずです。

しかしクリストファー・ノーランはそういったわかりやすいエンターテインメント性に頼ることなく、過剰な演出をすることもなく、今まで培ってきたそれとは違う「映画を面白く仕立て上げる」テクニックで、戦争映画をサスペンス映画として「面白くみせる」ことに成功しました

ダンケルクはアンサンブル映画

クリストファー・ノーランは『ダンケルク』を「アンサンブル映画」だとも語っています*1

個人を深く掘り下げ観客に共感を促すということはせず、映画の登場人物は皆「その他大勢」のうちの一人として扱う。

クリストファー・ノーランは「ダンケルクの戦場にお客さんを連れていくこと」を映画の目的としていて、それは一般的な映画の「観客が映画を、映画の外から観て楽しむ」こととは全く違います。

観客一人ひとりが「自分は『ダンケルク』の戦場にいるその他大勢のうちの一人である」という錯覚を覚えさせられたのなら、それは映画としての狙いが成功したと言えるでしょう。

乗り捨てられた商船で満ち潮を待つ間、敵兵に見つからないかと待つ時間。聞こえる足音。

そんな環境(あくまで環境であって個人の心境ではない)に心が吊られるような思いになったのなら、それは観客が戦場に連れていかれたということであり、サスペンスを体験しているということです。

クリストファー・ノーランは『ダンケルク』をどうやって"映画的に面白く"させたか

f:id:yui_aochang:20170915111747p:plain

徹底的なリアル主義

CGを極力使わないことで有名なクリストファー・ノーラン。

今作でも徹底的に現場でのリアルさを求めました

ダンケルクの戦いで実際に飛んでいたイギリス軍の戦闘機「スピットファイア」は実物を使用

ドイツ軍が使用していた戦闘機「メッサーシュミット」は、実物ではないものの、スペインのフランコ政権がメッサーシュミットからのライセンスで生産した「イスパノ」を改造してメッサーシュミットに近づけたとインタビューで語っています*2

ボートは実際に当時ダンケルクへ兵士を救出しに行った実物を使用

撮影は現地ダンケルクの砂浜で行い、当時の駆逐艦も海上に浮かべました。

徹底的なリアル主義で獲得したものは、映像のリアリティと説得力

このリアリティはサスペンス映画として描かれた『ダンケルク』のその戦場へと観客を連れて行く上で、重要な要素となります。

IMAXでの撮影

近年映画界ではデジタルカメラで撮影された映画が増えてきていて、フィルムカメラでの撮影自体が減ってきています

それに伴い映画館における映写システムも、フィルムを使わないデジタルの映写システムに切り替わっている映画館が多いです(デジタルは映写も自動の部分が多いので人件費も抑えられるという映画館側のメリットもある)。

しかしクリストファー・ノーランはフィルムにこだわります

フィルムの中でもIMAXという映写システムでの撮影を好んで行ってきたことでも知られていて、「クリストファー・ノーランがいなければフィルム文化は終わっていた」とも言われるほどです。

IMAXの映像はそのスクリーンの巨大さだけでも他との違いを味わえますし、映像の画質やアスペクト比(縦横比)も他と違います*3

クリストファー・ノーランは2008年公開の『ダークナイト』から、映画の一部分ではありますが、IMAXカメラでの撮影を始めました。

そしてそれ以降監督した全ての映画作品でIMAXでの撮影を続け、今作では本編映像の75%をIMAXフィルムで撮影したそうです。

現場ではできる限り本物を用い、撮影には最高のフィルムカメラを使い映像の美しさとパワーを獲得する。

観客を戦場へと連れていくためのリアリティを求めるクリストファー・ノーランのこだわりが感じられます。

複雑に絡み合う陸海空の異なる時間軸

f:id:yui_aochang:20170915113532p:plain

クリストファー・ノーランの得意とする複数の時間軸の交差を、今作においても見ることができます。

むしろこの映画をエンターテインメントとして面白く見せるためにクリストファー・ノーランがこの手法を取ったことは必然と言えるのではないでしょうか。

ダンケルクの海岸で助けを待つ兵士たちの1週間、ダンケルクへ救出に向かう民間船の1日、ダンケルクからの撤退を援助する空軍戦闘機の1時間。

この3つの時間軸が細切れに繋ぎ合わされ、それぞれの境遇が時間に追われています。

この時間に追われるサスペンスと、時間軸が交差して集結する伏線回収のカタルシス

緊迫した場面をただ描くだけではなく、3つの視点を設けたこと。

その3つの視点の時間軸の進み方を変えたこと(変わらざるを得ない視点に分けたこととも言える)。

それらを巧みに繋ぎ合わせたこと。

これこそがクリストファー・ノーランの持っている「作品を面白くする技術」の大きな要素ではないでしょうか。

音がストーリーを補完し、映像の意味合いを膨らませる

音楽が観客を煽る

クリストファー・ノーラン作品の音楽といえばハンス・ジマー。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや、『ライオン・キング』など、数えればキリがないほどの映画音楽を作っているハンス・ジマーですが、クリストファー・ノーランとの相性は抜群。

今作もハンス・ジマーの仕事は素晴らしいです。

セリフが少ない今作において、音楽は特に重要な役割を果たしていました。

映画において劇中に流れている音楽は「意識的に聴く」というより「勝手に耳に入ってくる」もの

なんでもないシーンにシリアスな音楽を流せば不吉な予感がしますし、緊迫した場面で感情を煽る音楽を流せば観客の心臓の鼓動はより早まります。

ハンス・ジマーの音楽によって、無意識のうちに勝手に心を誘導されます。

効果音もすごい

銃撃の音を始めとした効果音の重さと迫力が、戦場のリアルさをより強くします。

特にIMAXは、映像だけでなく音にもこだわっているスクリーンです。

ただ大きいだけではなく、レンジの広い音質にリアルさを感じます。

効果音のリアルさが映画への没入感をより高め、自分が今まさにダンケルクにいるかのように錯覚させるほどです。 

ダンケルクはサスペンス映画だった

f:id:yui_aochang:20170915111857p:plain

上記のように、クリストファー・ノーランは戦争映画を「サスペンス」として描きました。

サスペンスの本来の意味は「吊るす」
ズボンのサスペンダーと同じです。

心が宙吊りになり、はらはらすることがサスペンスです。

数分以内、または数秒以内に何かが起こりそうだが何が起きるかわからない、この僅かな時間の緊張感や不安感。

この心が吊られる状態がサスペンスです。

クリストファー・ノーランは異なる速さで進む時間軸を交差させながら、それぞれの時間軸のサスペンスを描きました。

徹底的なリアリティによって観客は戦場に放り込まれ、目の前で起き続けるサスペンスを嫌が応にも体験させられるのです。

スリルを求める方は是非劇場で、戦場を体験してみてください。

お笑いライブの情報が得にくい4つの理由とチケットを取り逃がさないための2つの対策(札幌在住の場合)

f:id:yui_aochang:20170807094056j:image
東京や大阪と比べ圧倒的にお笑いライブが少ない札幌

そんな札幌に住んでいながらにしてお笑いライブをできるだけ楽しみたいという方なら、僕と同じ経験をしたことがあるんじゃないでしょうか?

「知らないうちに面白そうなお笑いライブが行なわれていた…」

知ってたら絶対行ってたのに、いつの間にか終わっていたお笑いライブ。

東京や大阪と比べて絶対数が少ないからこそ、面白そうなお笑いライブは見逃したくないものです。

音楽のライブの情報でも逃してしまうことがありますが、音楽ライブと比較してもお笑いライブは情報を得にくいなと感じています。

そんなお笑いライブの情報がなぜ得にくいのか、そしてどうすれば情報を得られるのかを考えてみました。

お笑いライブの情報が得にくい4つの理由

f:id:yui_aochang:20170807094053j:plain

お笑いライブの情報が得にくい理由は、考えられるだけでも大きく4つありました。

CMや街中のポスターなど、広告にお金をかけてない

街中を歩いていたり、テレビやラジオを見聴きしていてもお笑いライブの情報を得ることは滅多にありません。

ほとんどはウェブか、クチコミで知ることになります。

強いて言うならば、ラジオで東京03やナイツの単独ライブのCMが流れてきたり、学祭や地方のイベントのような「営業」と呼ばれるお笑いライブのポスターを見ることがあるかなという程度です。

音楽のライブなら、テレビCMやポスターを街中で見かけることもありますし、広告宣伝車が走っていることもあります。

広告にかけるお金がそもそも違うんだろうなと思います。

告知が遅い

ライブの告知の時期が遅い場合もあります。

単独ライブツアーで全国を回る場合などは全公演分を一気に、だいぶ先の予定まで発表したりもしますが、イベントによっては割と遅い時期に告知が始まることもあり、そういったイベントの場合は「情報を得たもののライブまでもう2週間しかない」といった現象が起きて、スケジュールの都合が合わなかったりもします。

サイトが整備されてない、わかりづらい

お笑い芸人のサイトを訪れても、ライブの情報がまとまっていなかったりわかりづらかったりすることが多いです。

事務所の公式サイトに行くとプロフィールはだいたいわかりやすく書いてあるのですが、ライブの情報はわかりづらい場合が多いです。

よく見ると下のほうにまとまっていたり、よく見るとチケットよしもとのページへのリンクがあったりもするのですが、パッと見ですぐライブ情報の一覧を見ることができる芸人のサイトはとても少ないです。

もっというと、そもそも「公式サイトが検索の上位に出てこない」といった現象も起こります。

バンドやアーティストだと、サイトメニューに「ライブ」や「ツアー」など、わかりやすくライブの情報がまとめられていることが多いので、公式サイトからのライブ情報の得やすさはかなり違うなと感じています。

そもそもお笑い業界自体がライブ中心で考えていない

上記した3つの理由の根っこの部分になると思うのですが、お笑い芸人はライブよりもテレビが中心であることが多いです。

テレビにあまり出ていない芸人は別ですが、割と知名度がある有名な芸人はだいたいがテレビ中心で、ライブを中心に考えている芸人の方が珍しいです。

そういった意味で東京03は、テレビにもそれなりに出ているにも関わらず毎年単独ライブ公演を行なうという珍しいタイプの芸人で、そういったタイプだからこそライブのCMを打つなど、広告宣伝にも力を入れているのかもしれません。

お笑いライブは大人数だと厳しいというのもある

そもそもお笑いライブの場合、お客さんが多すぎたり会場が大きすぎたりすると笑いのタイムラグが発生するなどの問題があるため、一回の公演での客数を多くすることが難しく、数百単位なことが多いです。

その点音楽のライブは、同じくらいの知名度・人気の芸人のライブと比べてもお客さんの収容人数が一桁違う会場でやったりもします。

そういう違いによって「ライブで動くお金の単位が違う」ため、音楽ライブよりお笑いライブの方が宣伝に費用がかけられなかったりもするのかもしれません。

お笑いライブの情報を逃さない方法

f:id:yui_aochang:20170807094104j:plain

特別な裏技があるわけではないですが、お笑いライブの情報を逃さないために僕がやっていたり、やったらいいだろうなと思うことを2つ挙げます。

「お笑いナタリー」などのお笑い情報を提供してくれるSNSをフォローする

お笑いナタリー「など」と書いてますが、正直お笑いの情報をちゃんとまとめて発信しているSNSはお笑いナタリーくらいしかないと思っています。

お笑いライブのイベント企画会社のSNSやお笑い事務所のSNSはあったりしますが、それらをすべてひっくるめて発信するような総合お笑い情報SNSはお笑いナタリーのみです。

お笑いナタリーのTwitterをフォローするのは最低限やっておきたいですね。

「チケットぴあ」や「チケットよしもと」のサイトをチェックする習慣をつける

一番有効なのは「毎週土曜日の午前中にチェックする」など、生活のリズムにチケットの情報を調べるという行為を組み込むこと

なかなか最初は面倒かもしれませんが、毎週やるものという習慣がつけられてしまえば意外と苦もなくできるんじゃないかなと思います。

何よりこの行為を定期的に行なうだけでプレイガイドで発売されているほとんどのライブをチェックすることができます。

ただそこまで本気出すまでもないな〜という人は気が向いたときに調べるくらいでもいいかもしれませんね(それで見逃すんですけども!)。

まとめ

お笑いライブの情報が得にくい根本的な理由は上記したことが大きいと思いますが、根本的な解決策というのは「定期的にチェックする」というなんとも普通のことしか思い浮かびませんでした。

それでも効果があるのは確かなので、本気で逃したくないのなら定期的にチェックするのが一番ですね。

お笑い友達*1を作って情報を共有し合うことによって漏れを防ぐというのも、可能ならアリだと思います。

もっと革新的な方法があるぞ!という方はぜひブックマークコメントで教えてください〜。

*1:上にあるラブレターズ、とろサーモンと写っている写真は、男の方が僕で女性がお笑い友達(でありミュージシャン仲間)のサトウアミちゃんです。