裸眼日記

札幌在住のミュージシャン青柳唯(あおやなぎゆい)が音楽・映画・お笑いなどについて書くブログ(両目1.5)

お笑いライブの情報が得にくい4つの理由とチケットを取り逃がさないための2つの対策(札幌在住の場合)

SPONSORED LINK
この記事は長いのであとでまとめて読む(はてな用)

f:id:yui_aochang:20170807094056j:image
東京や大阪と比べ圧倒的にお笑いライブが少ない札幌

そんな札幌に住んでいながらにしてお笑いライブをできるだけ楽しみたいという方なら、僕と同じ経験をしたことがあるんじゃないでしょうか?

「知らないうちに面白そうなお笑いライブが行なわれていた…」

知ってたら絶対行ってたのに、いつの間にか終わっていたお笑いライブ。

東京や大阪と比べて絶対数が少ないからこそ、面白そうなお笑いライブは見逃したくないものです。

音楽のライブの情報でも逃してしまうことがありますが、音楽ライブと比較してもお笑いライブは情報を得にくいなと感じています。

そんなお笑いライブの情報がなぜ得にくいのか、そしてどうすれば情報を得られるのかを考えてみました。

お笑いライブの情報が得にくい4つの理由

f:id:yui_aochang:20170807094053j:plain

お笑いライブの情報が得にくい理由は、考えられるだけでも大きく4つありました。

CMや街中のポスターなど、広告にお金をかけてない

街中を歩いていたり、テレビやラジオを見聴きしていてもお笑いライブの情報を得ることは滅多にありません。

ほとんどはウェブか、クチコミで知ることになります。

強いて言うならば、ラジオで東京03やナイツの単独ライブのCMが流れてきたり、学祭や地方のイベントのような「営業」と呼ばれるお笑いライブのポスターを見ることがあるかなという程度です。

音楽のライブなら、テレビCMやポスターを街中で見かけることもありますし、広告宣伝車が走っていることもあります。

広告にかけるお金がそもそも違うんだろうなと思います。

告知が遅い

ライブの告知の時期が遅い場合もあります。

単独ライブツアーで全国を回る場合などは全公演分を一気に、だいぶ先の予定まで発表したりもしますが、イベントによっては割と遅い時期に告知が始まることもあり、そういったイベントの場合は「情報を得たもののライブまでもう2週間しかない」といった現象が起きて、スケジュールの都合が合わなかったりもします。

サイトが整備されてない、わかりづらい

お笑い芸人のサイトを訪れても、ライブの情報がまとまっていなかったりわかりづらかったりすることが多いです。

事務所の公式サイトに行くとプロフィールはだいたいわかりやすく書いてあるのですが、ライブの情報はわかりづらい場合が多いです。

よく見ると下のほうにまとまっていたり、よく見るとチケットよしもとのページへのリンクがあったりもするのですが、パッと見ですぐライブ情報の一覧を見ることができる芸人のサイトはとても少ないです。

もっというと、そもそも「公式サイトが検索の上位に出てこない」といった現象も起こります。

バンドやアーティストだと、サイトメニューに「ライブ」や「ツアー」など、わかりやすくライブの情報がまとめられていることが多いので、公式サイトからのライブ情報の得やすさはかなり違うなと感じています。

そもそもお笑い業界自体がライブ中心で考えていない

上記した3つの理由の根っこの部分になると思うのですが、お笑い芸人はライブよりもテレビが中心であることが多いです。

テレビにあまり出ていない芸人は別ですが、割と知名度がある有名な芸人はだいたいがテレビ中心で、ライブを中心に考えている芸人の方が珍しいです。

そういった意味で東京03は、テレビにもそれなりに出ているにも関わらず毎年単独ライブ公演を行なうという珍しいタイプの芸人で、そういったタイプだからこそライブのCMを打つなど、広告宣伝にも力を入れているのかもしれません。

お笑いライブは大人数だと厳しいというのもある

そもそもお笑いライブの場合、お客さんが多すぎたり会場が大きすぎたりすると笑いのタイムラグが発生するなどの問題があるため、一回の公演での客数を多くすることが難しく、数百単位なことが多いです。

その点音楽のライブは、同じくらいの知名度・人気の芸人のライブと比べてもお客さんの収容人数が一桁違う会場でやったりもします。

そういう違いによって「ライブで動くお金の単位が違う」ため、音楽ライブよりお笑いライブの方が宣伝に費用がかけられなかったりもするのかもしれません。

お笑いライブの情報を逃さない方法

f:id:yui_aochang:20170807094104j:plain

特別な裏技があるわけではないですが、お笑いライブの情報を逃さないために僕がやっていたり、やったらいいだろうなと思うことを2つ挙げます。

「お笑いナタリー」などのお笑い情報を提供してくれるSNSをフォローする

お笑いナタリー「など」と書いてますが、正直お笑いの情報をちゃんとまとめて発信しているSNSはお笑いナタリーくらいしかないと思っています。

お笑いライブのイベント企画会社のSNSやお笑い事務所のSNSはあったりしますが、それらをすべてひっくるめて発信するような総合お笑い情報SNSはお笑いナタリーのみです。

お笑いナタリーのTwitterをフォローするのは最低限やっておきたいですね。

「チケットぴあ」や「チケットよしもと」のサイトをチェックする習慣をつける

一番有効なのは「毎週土曜日の午前中にチェックする」など、生活のリズムにチケットの情報を調べるという行為を組み込むこと

なかなか最初は面倒かもしれませんが、毎週やるものという習慣がつけられてしまえば意外と苦もなくできるんじゃないかなと思います。

何よりこの行為を定期的に行なうだけでプレイガイドで発売されているほとんどのライブをチェックすることができます。

ただそこまで本気出すまでもないな〜という人は気が向いたときに調べるくらいでもいいかもしれませんね(それで見逃すんですけども!)。

まとめ

お笑いライブの情報が得にくい根本的な理由は上記したことが大きいと思いますが、根本的な解決策というのは「定期的にチェックする」というなんとも普通のことしか思い浮かびませんでした。

それでも効果があるのは確かなので、本気で逃したくないのなら定期的にチェックするのが一番ですね。

お笑い友達*1を作って情報を共有し合うことによって漏れを防ぐというのも、可能ならアリだと思います。

もっと革新的な方法があるぞ!という方はぜひブックマークコメントで教えてください〜。

*1:上にあるラブレターズ、とろサーモンと写っている写真は、男の方が僕で女性がお笑い友達(でありミュージシャン仲間)のサトウアミちゃんです。